セブンスデー・アドベンチスト教会がお送りするwebラジオ放送 AWR-Japan

hitokoto

川越勝のちょっと一言


ちょっと一言

思想、体験、情報、聖書の真理、インタビュー、対談、旅行記、報告など色々出てまいります。何が飛び出すか分からない変化に富んだ番組
「川越 勝のちょっと一言」



< 2021/6/14(月) >
「若き冒険家・石川直樹 <7>」

燃料を使いすぎたため、このまま継続しても北米まで行けないことが分かると、計画を断念し、下降することにしました。ゴンドラは着水したのですが、やがて波にもてあそばれることになりました。海上を走り出しました。極めて危険な状態です。どうなるでしょうか? 日本からは1600キロも離れている所です。

210614_1 210614_2


< 2021/6/11(金) >
「Before After」 この番組を聞く

(2011年12月29日号の再掲載です)

シャローム横須賀の朝の礼拝でのメッセージです。

Before After はテレビ番組の住宅改造前後に使われる場合が多いですね。新 聞広告ではエステに関する場合にも使われています。その前後の差が大きいほど宣伝効果があるでしょう。実はイエス・キリストを信じる前と後では大きく変わった人もいるのです。今日はその Before After の例です。


< 2021/6/7(月) >
「若き冒険家・石川直樹 <6>」 この番組を聞く

時速211キロで東へ向かっています。バーナーが炊かれていない時には自分の呼吸音しか聞こえない無音状態です。ゴンドラは揺れもなく、微動だにしないで211キロで飛んでいます。石川はどうも長い間バーナー音がしないのが不思議でした。神田の様子がおかしいのです。何と酸素マスクを調べると、酸素の供給が止まっています。さあ大変です。どうなるでしょうか?

210607_1 210607_2


< 2021/6/4(金) >
「今年が最もふさわしい年です」 この番組を聞く

(2015年2月27日号の再掲載です)

2015年1月3日 SDA三育関町教会での礼拝説教

私が神学部の学生だったとき、当時まだ信者でなかった父も家族揃って元旦礼拝に出席したのですが、帰宅した時、彼は非常に怒りました。なぜ、怒ったのでしょうか? お聴き下さい。私は父の言葉は正しく、筋が通っていると思い、非常に教えられました。


< 2021/5/31(月) >
「若き冒険家・石川直樹 <5>」 この番組を聞く

2004年1月27日の早朝、二人が乗った「天の川2号」は太平洋横断のために離陸したのです。離陸直後はあわただしい時間を過ごしました。ある程度の高さに達してから酸素マスクを付けました。新聞社のヘリコプターも飛んできました。横断に成功しますと日本人では初めての横断になります。 最初の大きな問題が発生しました。さあ、どうなるでしょうか?

210531_1 210531_2


< 2021/5/28(金) >
「私が選んだキリスト教の間違い」 この番組を聞く

2021年5月1日の小学生と保護者のための礼拝のために前もって録画したものです。

私が選んだキリスト教は間違っているのでしょうか?
名誉牧師がキリスト教は間違っているというのはおかしくないですか?
これはどういう意味なのでしょうか?

210528_1 210528_2


< 2021/5/24(月) >
「若き冒険家・石川直樹 <4>」 この番組を聞く

熱気球で上空を散歩するのでしたら天気が良い日なら出来るかもしれませんが、太平洋横断となるとそんな単純なものではありません。1年間の中でごく限られた時しかそのチャンスはありません。そのチャンスをどの様にして知るのでしょうか? そしてどんな気球で、どのような装備で飛ぶのでしょうか?

210524_1 210524_2


< 2021/5/21(金) >
「この聖書の言葉をあなたに贈ります」 この番組を聞く

(2018年3月30日号の再掲載です)

2018年3月17日 SDA三育関町教会での礼拝説教

私は長い間バプテスマ式(洗礼式)の礼拝説教は、バプテスマ(洗礼)を受ける人のために作りました。会衆皆さんのためではなく、受ける人のために作るのです。そしてその説教の中では受ける人に贈る一つの聖書の言葉(聖句)を選び、その聖句を中心として説教を作ります。北浦三育中学校を卒業した男子学生にどの聖書の言葉を贈るのでしょうか。


< 2021/5/17(月) >
「若き冒険家・石川直樹 <3>」 この番組を聞く

世界最高の水泳コーチから毎日5時間の指導を教室で受けても実際に水の中に入らねば泳げるようにはなりません。それと同じように熱気球は机上で論理だけ学んでも全くダメで実際に空を飛ばねばなりません。石川は神田から指導を受けて数えきれないほど飛びました。気球には悪条件の日でも飛んだのです。

210517_1 210517_2


< 2021/5/14(金) >
「出会いの大切さ」 この番組を聞く

(2011年12月15日号の再掲載です)

シャローム横須賀の朝の礼拝でのメッセージです。

私は大学時代に初めて会った人に30年ぶりに再会が出来ました。そのいきさつをお聴き下さい。


< 2021/5/10(月) >
「若き冒険家・石川直樹 <2>」 この番組を聞く

世界トップクラスの熱気球冒険家の神田道夫は熱気球による太平洋横断計画を真剣に考えていました。そのパートナーになる誘いを受けた石川はそれを受けたのです。私は太平洋横断にはどの位の時間がかかるのだろうかと思いましたが、ジェット気流に乗ると60時間位あればつくそうです。ものすごいスピードで飛ぶことになりますね。さあ、そのための準備が始まりました。

210510_1 210510_2


< 2021/5/7(金) >
「なぜ、足を洗うのか?」 この番組を聞く

(2015年2月13日号の再掲載です)

2014年12月27日 SDA大岡山教会での聖餐式礼拝の説教

セブンデー・アドベンチスト教会では「ところで、主であり、師であるわたしがあなたがたの足を洗ったのだから、あなたがたも互いに足を洗いあわねばならない。わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするようにと、模範を示したのである」(ヨハネによる福音書13:14~15)とのキリストの教えに従って、聖餐式の前に洗足式をしておりますが、なぜ、足を洗うのでしょうか? お聴きください。


< 2021/5/3(月) >
「若き冒険家・石川直樹 <1>」 この番組を聞く

今日から新しいシリーズの始まりです。私はノンフィクションの冒険家の物語が好きです。今回扱います石川直樹さんは凄い人です。彼の本を読んでおりますと、とても刺激されます。今まで熱気球による冒険に関しては読んだことがありませんでしたので、珍しいこと、新しいことを色々知ることが出来ました。若き挑戦者の冒険をお聴きください。

210503_1 210503_2





powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional