セブンスデー・アドベンチスト教会がお送りするwebラジオ放送 AWR-Japan

hitokoto

川越勝のちょっと一言


ちょっと一言

思想、体験、情報、聖書の真理、インタビュー、対談、旅行記、報告など色々出てまいります。何が飛び出すか分からない変化に富んだ番組
「川越 勝のちょっと一言」



< 2019/8/23(金) >
「羊飼いの生活」

(2013年6月7日号の再掲載です)

2004年 シャローム横須賀 朝の礼拝でのメッセージ

羊飼いの生活からは学べる事が色々あります。


< 2019/8/19(月) >
「故事、ことわざ、名言名句 <76>」

アリストテレスの名言:「人に従う事を知らない者は、良き指導者になりえない」
イギリスのことわざ:「人にはみな値段がある」
日本のことわざ:「人の意見は四十まで」
日本のことわざ:「人の一寸我が一尺」
日本のことわざ:「人のうわさも七十五日」
テレンティウスの名言:「人の数だけ意見がある」
日本のことわざ:「人の口には戸は立てられぬ」

190819_1 190819_2


< 2019/8/16(金) >
「努力をしても力を奪うものがある」 この番組を聞く

(2016年9月9日号の再掲載です)

2016年8月27日 SDA大岡山教会での礼拝説教

オリンピック選手はどんなに練習していても睡眠を取らなければ力は奪われます。私たちが礼拝し、祈っていても力を奪うものはあるのです。今日はその事を考えましょう。出エジプト記17:8~13 どうしてモーセは手を上げたのでしょうか? 万歳ですか? ストレッチですか? ここに祈ったとは書いてありません。ヨシュアが指導者になり、最初の関門であったエリコを落としました。次は小さな町アイを攻撃したのですが、大敗です。この大敗に力を奪うものがあったのです。それは何でしょうか?


< 2019/8/12(月) >
「故事、ことわざ、名言名句 <75>」 この番組を聞く

日本のことわざ:「一つ勝りの女房は金の草履で探しても持て」
日本のことわざ:「人と屏風は直ぐには立たず」
豊臣秀吉の名言:「人と物争うべからず。人に心を許すべからず」
嘉納治五郎の名言:「人に勝つより自分に勝て」

190812_1 190812_2


< 2019/8/9(金) >
「下着を取る者には上着をも与えなさい」 この番組を聞く

(2013年5月31日号の再掲載です)

2004年 シャローム横須賀 朝の礼拝でのメッセージ

イエス・キリストの教えの中には現代の日本人が聞きますと、驚く様な教えがあります。今日の教えもその一つです。この教えにはどのような意味があるのでしょうか? それを考えてみましょう。


< 2019/8/5(月) >
「故事、ことわざ、名言名句 <74>」 この番組を聞く

日本のことわざ:「日照りに不作無し」
日本のことわざ:「人、酔いて本心を現す」
日本のことわざ:「人事言わんより我が頭のハエを追え」
チャップリンの名言:「一つの殺人は悪漢を生み、百万の殺人は英雄を生む」
ヘンリー・ミラーの名言:「ひとつの世界をつくるためには、あらゆる種類の人間が必要なのだ」
日本のことわざ:「一つ二つは可愛い盛り三つ四つはいたずら盛り、七つ八つは憎まれ盛り」

190805_1 190805_2


< 2019/8/2(金) >
「宝がある所に心がある」 この番組を聞く

(2016年8月26日号の再掲載です)

2016年8月6日 SDA三育関町教会での礼拝説教

四福音書には「イエス・キリストの生涯と教え」が書いてあります。今日はマタイによる福音書の 5,6,7章の「山上の説教」の中からです。マタイによる福音書6章19~21節です。宝と心の関係を考えましょう。


< 2019/7/29(月) >
「故事、ことわざ、名言名句 <73>」 この番組を聞く

スコットの名言:「引っ込めることの出来ないところまで腕を伸ばすな」
フランスのことわざ:「羊を数えても、オオカミに食われる」
フランスのことわざ:「必要が法となる」
スウィフトの名言:「必要は発明の母」
イギリスのことわざ:「必要は法律を知らない」

190729_1 190729_2


< 2019/7/26(金) >
「あなたはアンバサダー(大使)です」 この番組を聞く

2019年6月1日 SDA三育関町教会安息日礼拝説教。

この日は教会員となるバプテスマ式(洗礼式)が行われました。アメリカの第35代大統領であったジョン・F・ケネディはテキサス州ダラスでパレード中に暗殺されました。これは葬儀の時の写真ですが、あの少女がやがて駐日大使(アンバサダー)となって日本に来たのです。

説教が始まって約30秒後に「バプテスマによって神様の籍に入れられ、神様の家族の一員となります」と、言ったつもりですが、「神様の一員となります」と録音されていました。これは大変な誤りです。お詫びいたします。すみませんでした。

190726_1 190726_2


< 2019/7/22(月) >
「故事、ことわざ、名言名句 <72>」 この番組を聞く

ゲーテの名言:「光強ければ、影もまた濃い」
日本のことわざ:「引かれ者の小唄」
日本のことわざ:「日暮れて道を急ぐ」
ガンディーの名言:「非殺生は、何者も適しえない強力な武器で、人間の最高善である」
日本のことわざ:「左団扇で暮らす」

190722_1 190722_2


< 2019/7/19(金) >
「知識のはじめ」 この番組を聞く

(2013年5月17日号の再掲載です)

2004年9月22日 シャローム横須賀 朝の礼拝でのメッセージ

聖書の言葉・箴言1:7「主を恐れることは知識のはじめである」(口語訳)
これが知識のはじめです。神を恐れることがまず最初に来るべきです。今の日本の学校教育、特に公立の学校ではこれは期待出来ません。宗教抜きで教育されるからです。


< 2019/7/15(月) >
「故事、ことわざ、名言名句 <71>」 この番組を聞く

日本のことわざ:「判を貸すとも人請けするな」
ドイツのことわざ:
「ビールのあとのワイン、これはおすすめするが、ワインのあとのビール、こいつはおよしなさい」
ドイツのことわざ:「日が暮れるまでその日をほめるべきではない」
韓国・朝鮮のことわざ:「日陰がひなたになり、になたが日陰になる」

190715_1 190715_2


< 2019/7/12(金) >
「貧しい者への思いやり」 この番組を聞く

(2016年8月12日号の再掲載です)

2016年7月30日 SDA三育関町教会の午後礼拝の説教

モーセの時代に神様が教えられた教えに従っていたら今日貧富の差はあまりなく、格差社会にもなっていなかったでしょう。神様は貧しい者への思いやりを教えておられます。その4つの原則を考えましょう。神様の教えには現代人には考えられない素晴らしいことがいくつもあります。


< 2019/7/8(月) >
「故事、ことわざ、名言名句 <70>」 この番組を聞く

ドイツのことわざ:「ハンス坊やが学ばなかったことをハンスは学ばない」
日本のことわざ:「番茶も出花」
ホッブズの名言:「万人の万人に対する戦い」
フランスのことわざ:「万人も親父もみな同じく満足させることはできね」
イギリスのことわざ:「半分のパンでもないよりはまし」

190708_1 190708_2


< 2019/7/5(金) >
「どちらが豊かなのか?」 この番組を聞く

(2013年5月3日号の再掲載です)

2004年9月1日 シャローム横須賀 朝の礼拝でのメッセージ

1979年から80年にかけてフィリピンで生活しました。安息日には服装を整えて家族揃って教会に行くのです。その時、村の人が川に洗濯に行くのにすれ違いました。私たちが3時か4時頃その川に行くと、彼らがいたのです。彼らがやった事は洗濯だけです。後はレジャーです。それで生活が出来ているのです。日本では「忙しい、忙しい」と夫婦で働いています。どちらが豊かなのかを考えさせられました。


< 2019/7/1(月) >
「故事、ことわざ、名言名句 <69>」 この番組を聞く

韓国・朝鮮のことわざ:「針の行くところ糸も行く」
日本のことわざ:「針の先で突いた程」
日本のことわざ:「春海秋山」
日本のことわざ:「春に三日の晴れ無し」
日本のことわざ:「腫れ物に触るよう」
日本のことわざ:「反感を買う」
日本のことわざ:「反旗を翻す」

190701_1 190701_2





powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional