セブンスデー・アドベンチスト教会がお送りするwebラジオ放送 AWR-Japan

bn2004

「川越勝のちょっと一言」

Back Number 2020:4月


< 2020/4/27(月) >
「故事、ことわざ、名言名句 <112>」 この番組を聞く

日本のことわざ:「水を知るものは水に溺れる」
イギリスのことわざ:「店を守れ、そうすれば店があなたを守ってくれる」
セネガルのことわざ:「道に迷ったら、出発点に帰れ
日本のことわざ:「三日先知れば長者」
日本のことわざ:「三日見ぬ間の桜」
日本のことわざ:「三つ子の魂百まで」

200427_1 200427_2


< 2020/4/24(金) >
「人間になった神様 <2>」 この番組を聞く

(2014年2月7日号の再掲載です)

神様が人間に与えられた律法を人間は守れるのか? 神様は人間が守れない。
律法をお与えになったのでしょうか? そうであれば不合理です。
キリストが十字架上で言われた「全てが終わった」の意味。
聖書の教える救いは買い物ではなく、賜物であるのです。


< 2020/4/20(月) >
「故事、ことわざ、名言名句 <111>」 この番組を聞く

中国のことわざ:「水に落ちた犬は打つな」
インドのことわざ:「水はこして飲め、師は良く確かめて選べ」
日本のことわざ:「水は逆様に流れず」
日本のことわざ:「水を得た魚」
インドのことわざ:「水をかき回してもバター油はとれぬ」

200420_1 200420_2


< 2020/4/17(金) >
「人間になった神様 <1>」 この番組を聞く

(2014年1月31日号の再掲載です)

「登山口はいくつあっても行きつく頂上は一つ、それと同じように色々な宗教があっても真理は一つ、神は一つではないでしょうか」と、言われますが、登山の場合はそうでしょう。では航海で考えたらどうなるでしょうか? 行きつく港は一つでしょうか?


< 2020/4/13(月) >
「故事、ことわざ、名言名句 <110>」 この番組を聞く

ユウェナリスの名言:「身軽な旅人は盗賊の目の前で歌う」
日本のことわざ:「右と言えば左」
ジョンソンの名言:「短い人生は、時間の浪費によっていっそう短くなる」
スマイルズの名言:「自ら働いて得たパンほどうまいものはない」

200413_1 200413_2


< 2020/4/10(金) >
「旧約聖書時代の人々の食事回数」 この番組を聞く

(2017年4月14日号の再掲載です)

現代、私たちは一日に3度食事をすることを当然と思って、多くの人がその様にしています。さて、旧約聖書の時代の人々はどうだったのでしょうか? それを聖書の例から考えてみましょう。


< 2020/4/6(月) >
「故事、ことわざ、名言名句 <109>」 この番組を聞く

日本のことわざ:「迷わぬ者に悟りなし」
日本のことわざ:「丸い卵も切りようで四角」
日本のことわざ:「丸くとも一角あれや人心」
日本のことわざ:「真綿で首を絞める」
フランスのことわざ:「満足は富に勝る」
日本のことわざ:「ミイラ取りがミイラになる」
フラーの名言:「見えない所で私のことをよく言っている人は、私の友人である」

200406_1 200406_2


< 2020/4/3(金) >
「聖書の神様は全知全能の神様」 この番組を聞く

(2014年1月3日号の再掲載です)

聖書の神様が全知の神様と言う場合、それはどのような事を意味するのでしょうか? あらゆる分野を知っておられます。そして過去も現在も未来も知っておられるのです。それだけではなく、人の心の中まで全て知っておられるのです。




powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional