セブンスデー・アドベンチスト教会がお送りするwebラジオ放送 AWR-Japan

bn2001

「川越勝のちょっと一言」

Back Number 2020:1月


< 2020/1/31(金) >
「私は神の存在を証明出来るのか?・その2」 この番組を聞く

(2013年11月29日号の再掲載です)

証明されているから信じているのでしょうか? 証明されないから、いるものと信じているのでしょうか? さあ、どうなのでしょう?


< 2020/1/27(月) >
「故事、ことわざ、名言名句 <99>」 この番組を聞く

イギリスのことわざ:「勉強ばかりで遊びが無いと子供はばかになる」
日本のことわざ:「弁慶の泣き所」
日本のことわざ:「弁慶の七つ道具」
リットンの名言:「ペンは剣よりも強し」

200127_1 200127_2


< 2020/1/24(金) >
「私は神の存在を証明出来るのか?・その1」 この番組を聞く

(2013年11月15日号の再掲載です)

私は神の存在を証明出来るのでしょうか? それともそれは出来ないのでしょうか? さあ、どうなのでしょう? 信仰者も無神論の方もお聴きいただきたいです。


< 2020/1/20(月) >
「故事、ことわざ、名言名句 <98>」 この番組を聞く

日本のことわざ:「下手の負け惜しみ」
日本のことわざ:「下手の横好き」
日本のことわざ:「下手は上手の元」
日本のことわざ:「蛇に見込まれた蛙のよう」
ホープの名言 :「弁解は飾られた嘘にすぎない」

200120_1 200120_2


< 2020/1/17(金) >
「しまったあ!!」 この番組を聞く

(2017年1月27日号の再掲載です)

2017年1月7日 SDA三育関町教会での午後の礼拝説教。

私はここ数年1月の最初の説教の時には干支の中で聖書に登場する動物を扱って説教しています。今年は酉年です。年賀状では鶏になっていますが、「鶏年」とは言いません。さあ、聖書に鶏は出て来るでしょうか?


< 2020/1/13(月) >
「故事、ことわざ、名言名句 <97>」 この番組を聞く

日本のことわざ:「へその緒引き摺る」
日本のことわざ:「へそを曲げる」
日本のことわざ:「下手がかえって上手」
日本のことわざ:「下手な鍛冶屋も一度は名剣」
日本のことわざ:「下手の金的」

200113_1 200113_2


< 2020/1/10(金) >
「夜が来れば朝が来る」 この番組を聞く

(2013年10月18日号の再掲載です)

2005年2月16日 シャローム横須賀 朝の礼拝でのメッセージ

人間、体験しないと分らない事があります。初めて飛行機に乗った日の体験。地上では雨でも天上では快晴でした。雲の上には太陽が輝いているのです。
詩編30:5「夜はよもすがらなき悲しんでも、朝と共に喜びが来る。」
この聖書の言葉を信じて生きたいですね。


< 2020/1/6(月) >
「故事、ことわざ、名言名句 <96>」 この番組を聞く

日本のことわざ:「降らぬ先の傘」
日本のことわざ:「降りかかる火の粉は払わねばならぬ」
シーザーのことば:「ブルータス、お前もか」
ドイツのことわざ:「古くからの愛情はさびない」
イギリスのことわざ:「降ればどしゃ降り」

200106_1 200106_2


< 2021/1/3(金) >
「もう死んでも良いと言った人」 この番組を聞く

2019年11月9日 SDA三育関町教会での礼拝説教

今から約2000年前に救い主の誕生が近い事を知っていた人がいました。神様の聖霊によって「主が遣わすメシア(救い主)に会うまでは決して死なない」と示されていたのです。高齢になっていましたので、救い主の誕生が近い事が分かるのです。聖霊に導かれてある日神殿に行ったのです。すると・・・・・・

200103_1 200103_2




powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional